教え方・指導力を高めたい

人の能力を開花させるには?

色眼鏡を外して、できることを見出す姿勢が大切です

できない部下は本当にできないのか?

人材育成の仕事をしていると、管理職の方々からこんな悩みをよく耳にします。

「部下がなかなか成長しない」
「部下にやる気、成長意欲がない」
「部下が思うように育たない」

私もこうした悩みに直面してきた1人です。

一般論としての育成方法は熟知していますが、相手によって適切な指導は異なります。人が入れ替わるたびに、どれだけ試行錯誤を繰り返してきたことか。

 

ここで、過去特に印象的だった「変わろうとしない部下」のエピソードをお伝えしたいと思います。

人材育成部門に事務作業を担当するパート勤務の女性がいました。

そこそこの年齢で人当たりはよいものの、プライドが高く、頑固で、自分のやり方を変えない。

何事も自分が判断基準になっていて、残念ながら仕事の品質が期待水準には満たない。

特に文章をまとめるのが苦手で、何度も何度も手直しをしていました。

このような部下を持つと本当に困りますよね。

しかし、人の成長を簡単に諦めたくはありません。

とにかく辛抱強く彼女を知ろうと心がけました。

日頃から何やらイラストを描いているので、聴いてみると漫画家になりたかったとか。

そして、どうやらアニメオタクでもあるらしい。

なるほど、彼女が文字情報にあまり興味がない理由がわかった気がしました。

そこで、彼女の強みを活かせるように社内向けのポスター作成の仕事を任せることに。

こちらが決めた趣旨をどう見せるか、腕の見せどころですよと。

すると、なかなか変わろうとしなかった彼女が、にわかに積極的に仕事をするようになったのです。

その後、良いところをどんどん褒めて、改善の指摘は「こう思うんだけれど、どう思う?」と本人の意見も尊重しながら行いました。

やがて、自発的に提案や意見が出るようになり、アウトプットの質が高まっていっただけではなく、他の仕事に対しても意識が高まり、業務全般に亘る品質改善が顕著に見られたのです。

どんなメガネをかけて部下を見ていますか?

経営者や管理職の方々からは、いつやめるかも分からないパートにそこまでリソースを割いているヒマはないとの声が聞こえてきそうですが、私にとっては、人の成長には限界がないと確信を持てた出来事となりました。

上司として、どのような部下であっても真剣に向き合い、強みを見出し、活かしていくことが、結局は自組織の生産性を大きく向上させることつながります。

できないことに目を向けている間は、できることは見つかりません。

できることを見つけようとすれば、できることが見えてきます。

お客様の声


Warning: Undefined array key "slides_to_show_tablet" in /home/yousui/lala-sunshine.com/public_html/wp-content/plugins/jet-elements/includes/addons/jet-elements-testimonials.php on line 2691

Warning: Undefined array key "slides_to_show_mobile" in /home/yousui/lala-sunshine.com/public_html/wp-content/plugins/jet-elements/includes/addons/jet-elements-testimonials.php on line 2692
笑顔のビジネスウーマン
大野講師の研修は一方的にやらされるものではなく、自ら興味を持って参加しやすい研修で気づきも多く、状況に合わせて丁寧にカスタマイズしてくださるので、また受けたいと大好評でした!
人事部長
石川 孝子 様

ご相談はお気軽に